Detail Information

展覧会
12/04/2019(Wed)
- 03/01/2020(Sun)
復元された古代の音 【中止】
関東 半蔵門ミュージアム
open 10:00 end 17:30

年末年始(12月29日〜1月4日)
==============
奈良の正倉院には、752(天平勝宝4)年の東大寺大仏開眼供養会に用いられた楽器や、その残欠が遺されています。しかし、こうした儀礼を荘厳した音楽がどのようなものだったのか、今では想像するしかありません。
 今回の特集展示では、古代の音を現代によみがえらせる目的で復元された楽器を取り上げます。これらは正倉院に遺されている楽器(「五絃琵琶」「箜篌」「簫」「竽」「方響」)や、中国古代遺跡の出土品(「馬王堆の竽」「編鐘」)などを参考に、装飾性よりも演奏などの機能性を重視して製作された復元楽器です。展示室では、その“音色”もお聞きいただけるようにいたしました。
 また、楽器を奏でる菩薩が描かれた「阿弥陀聖衆来迎図」と「清海曼荼羅」も展示いたします。常設展示のガンダーラ仏伝浮彫「瞑想の菩薩」や「胎蔵界曼荼羅」を含め、仏教と音楽の密接な関係を見ることができます。

中止

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、2月28日(金)より3月24日(火)まで、臨時休館とさせていただきます。
3月21日(土)に予定しておりましたスライドレクチャーは、中止とさせていただきます。

  • old_id: 1577621465
  • id: 88d8
  • add: 2019-12-29
  • mod: 2020-02-29

Shared

Original Registrant

Shared

  1. 希望的観測。 (ID: chubb3)
  2. 豫定は未定 (ID: funaki)
  3. yu (ID: yu)

Related pages