Detail Information

展覧会
04/05/2019(Fri)
- 05/12/2019(Sun)
なぞなぞ絵解き 判じ絵展 ―江戸の庶民と知恵比べ―
open 10:00 end 19:00

休館日 : 月曜日(ただし、4/29、5/6は開館し、5/7(火)が休館)
===============
判じ絵は、江戸時代の庶民に幅広く親しまれた、絵を読み解いて答えを導き出すなぞなぞです。浴衣や手ぬぐいの柄としてよく知られている「鎌○ぬ(かまわぬ)」も、江戸時代前期から存在する判じ絵の一種といわれています。
判じ絵は、平安時代後期から行われていた「ことば遊び」の要素や、中世以降のさまざまな「なぞ」の要素などが組み合わさって形成されたと考えられています。その完成は江戸時代に入ってからとされ、特に幕末期以降多くの浮世絵師たちによって多種多様に描かれ、大いに流行しました。テーマとなるものは、手紙、地名や動植物、台所用品、役者や力士の名前など多岐にわたります。
さて、実際に判じ絵を解いてみようとすると、画中には不可思議な図柄が描かれており、答えをすぐに導き出すのが難しい場合が多々あります。当時解読に挑戦した人々も、きっと大いに頭を悩ませたことでしょう。しかし、様々に推理を重ねながら言葉を結びつけて謎解きをしていく、その過程を楽しむことこそが、判じ絵の大きな魅力となっているのです。
本展覧会では、江戸時代の浮世絵師たちが描いた判じ絵を中心に、100点あまりを紹介します。江戸の庶民と知恵比べをしながら、奇想天外かつ愉快な判じ絵の世界をお楽しみください。

Related URL

  • old_id: 1555761733
  • id: 795e
  • add: 2019-04-20
  • mod: 2019-04-20

Place

東京 八王子市夢美術館

関東, 日本, アジア

住所

東京都 八王子市 八日町8-1 ビュータワー八王子2F

連絡先

0426-21-6777

URL

http://www.yumebi.com/

  • id: 01626
  • add: 2005-02-18
  • mod: 2005-02-18

Shared

Original Registrant

Shared

  1. 希望的観測。 (ID: chubb3)