Detail Information

イベント
04/15/2019(Mon)
東南アジアの弦楽器を語る
open 19:30 start 20:00

料金 投げ銭制(別途チャージ500円+ドリンクオーダー)
()
『東南アジアの弦楽器を語る』
()
東南アジアの弦楽器をテーマにしたイベントです。
東南アジアの音楽のリサーチを続ける臼井淳一が、現地からの動画や写真をもとに、同じく東南アジアの音楽と早くから接触してきたギタリスト/即興演奏家の内橋和久と共に対談と放談を繰り広げます。
※会場では、現地で入手した楽器の演奏、およびCDや書籍の販売も予定しています。
<>
◆出演者紹介
1)
臼井淳一
東京都まれ、ホーチミン市(ベトナム)在住
◇プロフィール
幼少期はクラシック音楽、青年期はメタルとグランジに慣れ親しむ。
東京を中心とした日本国内での音楽活動の後、外国での活動に興味を移し、ニューヨーク、イタリア、韓国、台湾、インドネシア、マレーシアの音楽家との共演を重ねる。
2017年には拠点をベトナムに移し、現地の企業で働きながら、ベトナム各地および、タイ、ミャンマー、カンボジア、雲南省(中国南部)の伝統音楽のフィールドワークをおこない、
なかでも日本の笙のルーツにあたるマウスオルガンの調査では、海外の研究者からも高い注目を浴びている。
ベトナム国内でも、伝統音楽を現地の音楽家に師事し、ベトナムの伝統音楽を学ぶ日本人としてテレビや雑誌の取材を頻繁に受けている。
元々のパートはバイオリン、ギター、笙、ボーカルだったが、今では東南アジア各地で採取してきた楽器が加わっている。ベトナム語が上達しないのが悩みの種。
◇関連ウェブサイト
http://www.junichi-usui.com/
https://www.facebook.com/Asian-Mouth-Organs-492725104564752/
()
2) 内橋和久
大阪府生まれ、ベルリン(ドイツ)在住。
◇プロフィール
ギタリスト、ダクソフォン奏者、コンポーザー、アレンジャー、プロデューサー。レーベル「イノセントレコード(旧 前兵衛レコード)」主宰。 インプロヴィゼーショントリオ/アルタードステイツ主宰。 83年頃から即興を中心とした音楽に取り組み始め、国内外の様々な音楽家と共演。活動の領域は音楽だけにとどまらず、映像作品や演劇などの音楽も手掛け、中でも、劇団・維新派の舞台音楽監督を20年以上にわたり務めている。音楽家同士の交流、切磋琢磨を促す「場」を積極的に作り出し、95年から即興ワークショップ「ニュー・ミュージック・アクション」を神戸で開始する。その発展形の音楽祭、フェスティヴァル・ビヨンド・イノセンスを96年より毎年開催(2001年のみ休止)。近年はこれらの活動と併行してUAやくるりの プロデュース、ツアーメンバーとしても活動。即興音楽家とポップミュージシャンの交流の必要性を説く。また、2002年から2007年までNPOビヨン ド・イノセンスを立ち上げ、大阪フェスティバル・ゲート内でオルタナティヴ・スペース、BRIDGEを運営したことでも知られる。現在はベルリン、東京を 拠点に活躍。  ソロプロジェクト“FLECT”ではエレクトロハーモニクスの16セカンドディレイマシンとサステナーを内蔵したゴダンのギターを駆使して、もはやギ ターを超越したサウンドスケープを作り上げる。一方自己のバンド、アルタードステイツや超即興では、パワーと独創性に満ちたギター的アプローチで、インプロヴィゼーション(即興)とコンポジション(楽曲)の境界を消し去っていく。近年では親友でもあるギタリスト/ハンス・ライヒェルの発明による新楽器ダクソフォンの日本唯一の演奏者としても知られている。
◇関連ウェブサイト
http://www.innocentrecord.com/kazuhisa_uchihashi/HOME.html
https://innocentrecords.bandcamp.com/

Related URL

  • old_id: 1555207781
  • id: 78fc
  • add: 2019-04-14
  • mod: 2019-04-14

Place

東京 千駄木Bar Isshee

関東, 日本, アジア

住所

東京都 文京区 千駄木3-36-11 千駄木センチュリー21 B1F

URL

http://www.bloc.jp/barisshee/

情報

千代田線千駄木駅徒歩2分、団子坂下交差点すぐ 、「千駄木ラーメン あさくら」の地下

  • id: 02619
  • add: 2014-08-24
  • mod: 2014-08-24

Shared

Original Registrant

Shared

  1. ゆるゆるな日々 (ID: petsounds)
  2. hiyokohead (ID: hiyokohead)
  3. kojiro (ID: kojiro)
  4. sak (ID: sak)
  5. シュレーディンガーのMATUKEN (ID: matuken)