Detail Information

展覧会
07/21/2018(Sat)
- 10/28/2018(Sun)
戊辰の横浜 開港都市の明治元年
関東 横浜開港資料館
open 9:30 end 17:00

10/7(日)は展示室のみ午後7時まで開館(入館は午後6時30分まで)
============
今年は「戊辰」の年、慶応4年/明治元年(1868)から150周年にあたります。激動のこの一年、横浜の開港場と市域の村々では何が起こったのでしょうか。横浜開港資料館と横浜市歴史博物館が連携してその実態に迫ります。
明治元年(1868)1月、鳥羽・伏見の戦いで旧幕府軍は敗北。その後各地は戊辰戦争の戦雲に包まれ、日本は戦乱の一年を迎えます。
3月、東海道を進んできた薩長の兵士が横浜にあらわれます。しかし、外国軍が駐屯する開港場では戦闘は発生せず、4月、横浜は新政府軍によって平和裡に接収されました。その後、戦火は奥羽に広がります。諸藩は横浜港でも武器を調達し、戦争で負傷した新政府軍の兵士は横浜の病院に送られました。横浜は戦場にこそなりませんでしたが、戊辰戦争と深い関係を持っていたのです。
本展では開港都市横浜の激動の一年を、古写真・錦絵・古文書・イラストなど多様な歴史資料から紹介します。

  • old_id: 1538045571
  • id: 6ee0
  • add: 2018-09-27
  • mod: 2018-09-27

Shared

Original Registrant

Shared

  1. 希望的観測。 (ID: chubb3)