Detail Information

展覧会
02/27/2018(Tue)
- 06/24/2018(Sun)
明治150年 カメラの夜明け
関東 日本カメラ博物館
open 10:00 end 17:00

1839(天保10)年、フランスで写真が発表され、約10年のうちに日本へと伝来しました。時は幕末で、鎖国状態にありながらも写真は最新技術の一環として各藩で研究されていました。当初は手探りに等しい状態でしたが、その後開国すると同時にさらに多くの西洋の技術や文化が流入しました。初期写真の最先端であるフランスやイギリス、若い国家であったアメリカでも、写真は新たな産業として成長を迎えようとする段階で、カメラや感光材料は大きな発展をとげ、多様な製品が登場しました。そして、職業写真師など一部の者だけが手にすることができた撮影機器は、アマチュアへと普及しようとしていました。
日本でも、輸入一辺倒であった写真用品を国産化しようという試みが進められ、海外留学や、海外から来た技術者から学び、苦労や努力を重ねながら、写真産業の基礎が構築されていきました。
今回の特別展では、技術史から見ても写真とカメラの夜明けだった明治時代に、日本と世界でどのようなカメラが発展してきたのか、また、どのように普及するようになったのかを展示紹介いたします。

  • old_id: 1528630782
  • id: 68dc
  • add: 2018-06-10
  • mod: 2018-06-10

Shared

Original Registrant

Shared

  1. 希望的観測。 (ID: chubb3)