Detail Information

展覧会
12/01/2018(Sat)
- 02/11/2019(Mon)
人間国宝・桂 盛仁 金工の世界−江戸彫金の技−
open 10:00 end 18:00

桂盛仁(かつら もりひと/1944生)は長年に亘り練馬区に在住し制作を続けている、人間国宝に認定された金工作家です。
江戸時代初期から続く彫金の一派、柳川派の流れを汲み、明治・大正・昭和期にかけて、煙草入れなど装身具の彫金で大人気を博した二代豊川光長、桂光春を輩出した流派で、伯父である光春を継いだのが盛仁の父、桂盛行(かつら もりゆき/1914〜96)となります。
父、盛行のもとで修行した桂盛仁は、打ち出しや彫金、象嵌、色絵等の技法を駆使し、日本伝統工芸展などで高い評価を得てきました。宮内庁買い上げ、文化庁長官賞を受賞するなど研鑽を積み、2008年に重要無形文化財「彫金」保持者(人間国宝)に認定されています。
昨今、明治期の卓越した工芸作品を“超絶技巧”と称し、ロストテクノロジーとしての評価がなされてきていますが、そうした工芸の技術が脈々と受け継がれてきていることは、柳川派、そして桂盛仁の金工を見ると明らかです。
本展は、桂盛仁の初期から近作までを通観するとともに、桂のルーツである、盛行、そして、光長、光春の作品も併せて展示し、今に生き続ける江戸彫金の技を再認識するものです。

Related URL

  • old_id: 1547293700
  • id: 7414
  • add: 2019-01-12
  • mod: 2019-01-12

Place

東京 練馬区立美術館

関東, 日本, アジア

住所

東京都 練馬区 貫井1-36-16

連絡先

03-3577-1821

URL

http://www.city.nerima.tokyo.jp/museum/

  • id: 01743
  • add: 2005-03-30
  • mod: 2005-03-30

Shared

Original Registrant

Shared

  1. 希望的観測。 (ID: chubb3)